ダイエットで有酸素運動をする際のポイント

 

 

学生時代から20歳代前半の頃と比較して、だらしない体型になってしまったという方が結構いるかと思われます。

学生時代は部活動などで運動する機会が多くあったのでたくさん食べても大丈夫でしたが、社会人になると極端に運動する機会が少なくなるので、暴飲暴食を繰り返していたり、食べ過ぎの食生活では当然太ってしまいます。

太っていると見た目が醜いだけでなく、歳をとった時に大きな病気を発症してしまうリスクが高くなるので、ダイエットをして痩せることが求められます。

まだ若いから大丈夫と考えるのはナンセンスです。

ダイエットをする際に有酸素運動を中心に行う方が多いのですが、正しい方法で行わないとほとんど意味がないものになってしまいます。

そこで、脂肪燃焼効果を高めるために有酸素運動をする際の大事なポイントについて見ていきます。

まず、行う時間を挙げることができます。

脂肪燃焼効果を得るには20分以上行う必要があります。

開始してから約20分までは血液中の糖質分をエネルギーとして使いますが、20分以降は体に蓄えられている体脂肪をエネルギーとして消費します。

したがって、健康目的であれば20分以内でも構いませんが、ダイエット目的であれば20分からが大事になってきます。

ただし、連続でなくてもよく、途中に休息を入れて細切れでも構いません。

合計で20分以上になれば、体脂肪燃焼モードになるというわけです。

また、心拍数も大事なポイントなので注意しなければいけません。

速いペースで走っている方がいますが、逆に体脂肪の燃焼効率が低下して、ダイエットには適さなくなります。

心拍数が多すぎると血流が悪くなり、脂肪燃焼効果が低下させてしまうからになります。

ジョギングをする際は会話ができる程度に抑えるようにしてください。

その他に、ダイエットでは運動だけでなく食事にも気をつける必要があります。

せっかく運動しても食事によって台無しになっているケースが少なくありません。

高カロリーの揚げ物、甘いデザートなどは出来るだけ避けて、野菜を多めに摂り、栄養バランスの良い食生活に改善してください。

美味しいものを食べたい気持ちは理解できますが、ダイエットの時は、多少の我慢も必要かもしれません。

さらにサプリメントを利用して栄養バランスを整えたり、食べ過ぎたと思う次の日などは置き換えダイエット食品を食べてカロリーセーブするのも、ダイエット効果を高めるために良い選択になります。

そして、有酸素運動だけでなく、筋肉量をアップする無酸素運動も重要になりますので、ぜひ、実践してください。

筋肉量がアップすれば、基礎代謝量が高まり痩せやすい体に変えることができます。

 

 

髪はヘアサイクルを経て抜け落ちる

 

シャンプー後の排水溝や朝、目覚めた時の枕元などに溜まった多量の抜け毛を見ると、自分の髪の毛が全部抜けてしまうんじゃないかと不安を感じている人は多いと思います。

ですが、健康的な髪の毛でも、1日に約100本ほどは抜け落ちるそうです。

もともと人間の髪は10万本くらいあると言われ、1日に100本抜けても、それは寿命を迎えた髪の毛で、しばらくするとまたそこから新しい髪の毛が生えてきます。

ですので、健康的な髪は1日に100本くらい抜けても、次々に新しい髪の毛が生まれて、一定の量を保っているのです。

こうした髪の毛が生まれてから寿命を迎え、自然と抜け落ちていくまでの工程をヘアサイクルと呼び、このヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期の3つの段階に分けることができます。

成長期は、毛根の一番奥にある毛球部で髪の毛1本が作られ、それがどんどん成長して頭皮から外に出てくる期間です。

成長期は男女で多少違いがありますが、2年~6年で全体の髪の約90%を占めています。

次の段階が退行期です。

退行期は2~3週間ほどの短い期間ですが、毛球部にあり、髪の毛の製造工場と言われている毛母細胞と毛乳頭の働きが衰えることで細胞分裂が低下していきます。

最後は休止期に入りますが、この期間は完全に毛母細胞での細胞分裂が止まり、3~4ヶ月を経て1本の髪の毛が寿命を迎え、自然と抜け落ちていきます。

そして、また、新しい髪の毛1本を作るために成長期に向けて準備をする期間でもあります。

このように髪の毛1本は、ヘアサイクルを経ての一生があり、抜け毛は突然起こるものではありません。

しかし、毎日、あきらかに100本以上の多量の抜け毛がある場合は、何らかの脱毛症が起きていると言えますので、早めのケアを行いましょう。

例えば、男性の脱毛症の場合は、ほとんどがAGAと呼ばれる男性型脱毛症になります。

この男性型脱毛症は、男性ホルモンが毛母細胞の活動を抑制して成長期に存在している髪の成長をストップさせることで抜け毛が増え、毛量全体の休止期の割合を高めることで薄毛になります。

一方、女性の場合は、毎日の生活習慣が大きく影響を与え、それによって女性ホルモンのバランスが崩れてヘアサイクルの乱れとつながります。

もし「最近、抜け毛が増えてきた・・・」と感じるようであれば、早めのヘアケアを行いましょう。