renakatosan のすべての投稿

ダイエットをして肥満を解消することの重要性

 

体脂肪は消費できなかった脂肪分や糖質が脂肪細胞内で分解され、蓄積されることによって出来ます。

基本的に思春期の頃には脂肪細胞の数が決定し、それらは成長しても減ることはありません。

ただ、脂肪吸引をすることで強制的に細胞の数を減らすことはできますが、多くの人が積極的に行うものではないでしょう。

幼少期に太っていた人は痩せていた人と比較して、脂肪細胞の数が多い傾向にあります。

そのため肥満になりやすい体質と言えるでしょう。

体脂肪を合成し膨大化するのが脂肪細胞の特徴ですが、この膨らむことが可能な脂肪細胞が多い人ほど肥満になる危険性も高いのです。

体脂肪には2種類あります。一つは皮下脂肪、もう一つは内臓脂肪です。

まず皮下脂肪は、皮膚の内側に存在する脂肪のことで、女性につきやすいです。

女性の乳房もこの皮下脂肪で、体温を一定に保ったり、パワーの源を蓄積させる働きがあります。

内臓脂肪はお腹の筋肉と内臓との間についている脂肪で、過度につけ過ぎると生活習慣病や脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病を発症させてしまう原因となります。

こちらの脂肪は男性につきやすく、歳を重ねるごとに増加する傾向にあります。

中年男性に肥満が多い理由はこのためです。

こういった体にまとわりついている脂肪組織のことを体脂肪と呼びます。

一方で体脂肪のもととなる組織のことを中性脂肪と呼び、この中性脂肪が体内に蓄積することで体脂肪へと変化するのです。

肥満の原因となる体脂肪や中性脂肪を減らすためにはダイエットが効果的です。

中でも有酸素運動や脂肪の気になる部位へのマッサージ、また脂質を控えるなどの食事制限が有効と言われています。

現代社会ではデスクワークが増え、運動不足に陥っている人が増えています。

そのため肥満の解消を促進するダイエットが疎かになってしまっている人も多いようです。

健康を維持するためにも、適切な運動と規則正しい食生活は重要なのです。

 

 

徹底的な紫外線対策で健康な美肌へ

 

女性にとって紫外線は大敵。

もはや紫外線対策は女性にとって常識となっています。

ですが、日差しが強くなり暑くなってきたら対策を始め涼しくなったら終わりという方、いませんか。

実は紫外線対策は夏だけやっていればいいというものではありません。

春や秋の紫外線も油断はできませんし、また、雨や曇りの日でも常に紫外線は地上に降り注いでいます。

うっかりしていると春や秋、冬、雨や曇りの日の紫外線でも浴び続ければ日焼けしたり、シミやシワの原因になってしまいます。

そこで今回は徹底的に紫外線をブロックする方法をご紹介します。

まずは紫外線対策の定番、日焼け止めクリームについて。

日焼け止めクリームは正しく使えば紫外線対策に効果的ですが、日焼け止めクリームを正しく塗れている方は意外に少ないです。

日焼け止めクリームは少量を薄く伸ばす塗り方だと効果が弱いです。

ポイントはたっぷりとムラなく塗ること。

顔に塗る場合は五百円玉ほどの大きさを手に取り、ムラなく塗りましょう。

脚や腕は直接クリームを線状に出し、まんべんなく塗っていきましょう。

耳の裏や首筋、デコルテ、足の甲なども忘れずに。

日焼け止めクリームの使用感が苦手だという方はストールやアームカバー、長袖カーディガンなどで対応しましょう。

最近は薄手なのにUVカット効果が強かったり、涼しく感じる加工がなされた紫外線対策用品も多く販売されていますので夏でも快適に過ごせるはずです。

日焼け止めクリームを塗ることは非常に有効ですが、実は目から入ってくる紫外線も軽視できません。

日焼け止めクリームを塗っていても目から入ってきた紫外線が体に悪影響を及ぼす場合があるので、ここもしっかり対策しましょう。

具体的には、UVカット効果のあるサングラスが有効です。

また、UVカット加工のコンタクトや眼鏡でも効果的です。

UVカット効果のない眼鏡は、眼鏡屋さんで加工してもらうこともできます。

紫外線は美容に良くないだけでなく、皮膚がんなどの病気の原因にもなるので、きちんと対策することが大切です。

夏以外も油断せず、しっかり対策していきましょう。