renakatosan のすべての投稿

シミ対策は自分のシミタイプを知ることから・・・

 

多くの女性が抱える肌トラブルの中で、シミについてはかなり上位にくる悩みだと思います。

どうしても見た目から肌にないほうがスッキリと綺麗な印象を与えるので、ある日、突然できてしまうとショックが大きいのではないでしょうか。

そんなシミ対策として美白化粧品でお手入れする女性は多いと思いますが、シミにもいろいろな種類があり、美白化粧品で効くものと、効かないものがあります。

まずは、シミのタイプを知り、自分のシミがどのタイプで、どんなケアをすればいいのか考えなければいけません。

シミは大きく分けると6つのタイプがあります。

その中で紫外線を浴びることが原因で発生する「老人性色素班」というタイプは最も多くの女性が悩むシミになります。

その他には、老化による影響からイボのように盛り上がってできる「脂漏性角化症」、女性ホルモンのバランスの乱れからできる「肝班」、10歳代のころから鼻を中心に小さく茶色いシミが広範囲にできてソバカスとも言われる「雀卵班」、ニキビや傷などが炎症することで茶色のシミになる「炎症性色素沈着」、海などで強い紫外線を浴びて急激な日焼けから発生する「花弁状色素班」などがあります。

これらのシミのタイプには、それぞれの特徴と対処法がありますので、自分のシミがどのタイプになって、どのような対処法が効果的なのかをチェックすることが必要になります。

例えば、ごく初期の薄茶色の老人性色素班や肝班、炎症性色素沈着のシミなら、美白化粧品も有効かもしれませんが、その他のタイプのシミには効果は期待できません。

一般的にシミと言われるのは老人性色素班のタイプを指しますが、このシミは紫外線が大きな原因となります。

肌は紫外線を浴びると肌の内部を守るためにメラニン色素を作り出します。

本来、できてしまったメラニン色素はターンオーバーとともに排出されて肌には何の影響もありませんが、紫外線を多量に浴び続けるとメラニン色素も過剰に作られ、ターンオーバーで全てを排出することができなくなります。

すると、残ったメラニン色素がシミとして表れるわけです。

美白化粧品は、肌内部でメラニン色素が作られる工程を遮断する働きをするもので、シミとなったメラニン色素を消すものではありません。

ですので、完全にシミとなってしまったものはレーザーでないと消すことはできません。

サエル

基本的に美白化粧品は、シミとなるメラニン色素の生産を防ぐものなので、シミの予防に使うべきです。

ですが、現在、市販されている多くの美白化粧品の中には「ホワイト○○」と商品名に書いてありながら、実際は美白成分がまったく含まれていない商品が多く存在しています。

美白化粧品を購入する場合は、しっかりと成分表示をチェックしましょう。

ちなみに、美白成分としては、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、カモミラET、トラネキサム酸、D-メラノ、t-AMCHA、リノール酸などが挙げられます。

 

 

ダイエットで有酸素運動をする際のポイント

 

 

学生時代から20歳代前半の頃と比較して、だらしない体型になってしまったという方が結構いるかと思われます。

学生時代は部活動などで運動する機会が多くあったのでたくさん食べても大丈夫でしたが、社会人になると極端に運動する機会が少なくなるので、暴飲暴食を繰り返していたり、食べ過ぎの食生活では当然太ってしまいます。

太っていると見た目が醜いだけでなく、歳をとった時に大きな病気を発症してしまうリスクが高くなるので、ダイエットをして痩せることが求められます。

まだ若いから大丈夫と考えるのはナンセンスです。

ダイエットをする際に有酸素運動を中心に行う方が多いのですが、正しい方法で行わないとほとんど意味がないものになってしまいます。

そこで、脂肪燃焼効果を高めるために有酸素運動をする際の大事なポイントについて見ていきます。

まず、行う時間を挙げることができます。

脂肪燃焼効果を得るには20分以上行う必要があります。

開始してから約20分までは血液中の糖質分をエネルギーとして使いますが、20分以降は体に蓄えられている体脂肪をエネルギーとして消費します。

したがって、健康目的であれば20分以内でも構いませんが、ダイエット目的であれば20分からが大事になってきます。

ただし、連続でなくてもよく、途中に休息を入れて細切れでも構いません。

合計で20分以上になれば、体脂肪燃焼モードになるというわけです。

また、心拍数も大事なポイントなので注意しなければいけません。

速いペースで走っている方がいますが、逆に体脂肪の燃焼効率が低下して、ダイエットには適さなくなります。

心拍数が多すぎると血流が悪くなり、脂肪燃焼効果が低下させてしまうからになります。

ジョギングをする際は会話ができる程度に抑えるようにしてください。

その他に、ダイエットでは運動だけでなく食事にも気をつける必要があります。

せっかく運動しても食事によって台無しになっているケースが少なくありません。

高カロリーの揚げ物、甘いデザートなどは出来るだけ避けて、野菜を多めに摂り、栄養バランスの良い食生活に改善してください。

美味しいものを食べたい気持ちは理解できますが、ダイエットの時は、多少の我慢も必要かもしれません。

さらにサプリメントを利用して栄養バランスを整えたり、食べ過ぎたと思う次の日などは置き換えダイエット食品を食べてカロリーセーブするのも、ダイエット効果を高めるために良い選択になります。

そして、有酸素運動だけでなく、筋肉量をアップする無酸素運動も重要になりますので、ぜひ、実践してください。

筋肉量がアップすれば、基礎代謝量が高まり痩せやすい体に変えることができます。