月別アーカイブ: 2018年8月

男性と女性の脱毛症は違う

 

以前は、脱毛症といえば男性特有のものと思われていましたが、近年は、薄毛、抜け毛で悩む若い女性が急増しています。

しかし、男性と女性では、脱毛症が発症する原因は違い、進行パターンやタイプも違います。

男性の脱毛症の原因のほとんどは、一つに集中しているという現状で、その原因は男性ホルモンによるものです。

この男性ホルモンによる脱毛症は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症といい、全国では、1200万人以上もいるといわれています。

男性型脱毛症を引き起こす原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、毛母細胞の働きを抑制して髪の成長をストップさせてしまうことです。

その結果、ヘアサイクルが乱れて、成長途中で髪が抜けたり、成長期が短くなって太く成長する前の細く短い毛が多くなって薄毛になったりします。

これに対して女性の脱毛症の原因は、さまざまな要因が重なって薄毛、抜け毛が進行するというケースが多く、なかなか原因を一つに限定するのは難しくなります。

その中でも、加齢、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、乱れた生活習慣、無理なダイエット、間違ったヘアケアなどが、薄毛、抜け毛を促進する大きな要因になり、女性では、びまん性脱毛症というタイプが多くなります。

また、脱毛症が進行するパターンですが、男性の場合は、額の生え際から後退したり、頭頂部から薄くなったり、前頭部から薄くなるというタイプになります。

一方、女性は、頭髪全体が平均的に脱毛していくのが特徴になります。

そして、男性と女性の脱毛症の改善方法も異なります。

男性型脱毛症は、数年前までは、男性ホルモンが深く影響しているので、遺伝的な要因が大きく、改善は難しいと思われてきました。

しかし、現在は、医学的に男性型脱毛症に効果的と認められたミノキシジルという成分が登場し、そのミノキシジルを配合した育毛剤が販売されているので、かなり改善効果が高くなっています。

それに対して、女性の脱毛症は、男性に比べて比較的に改善しやすいといわれています。

女性用の育毛剤(花蘭咲)を使用してヘアケアを施し、十分な睡眠、栄養バランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活を送るようにすれば、高い確率で改善が可能です。

また、頭皮マッサージを積極的に行うなど、頭皮の血行を良くして、清潔な状態に頭皮環境を整えることも大切になります。

しかし、日頃、何気なく使用しているシャンプー剤の中には、洗浄力が強いため、頭皮にダメージを与えて、頭皮環境を悪化させてしまう成分を含んでいるものもあるので、十分に注意して下さい。