月別アーカイブ: 2016年12月

徹底的な紫外線対策で健康な美肌へ

 

女性にとって紫外線は大敵。

もはや紫外線対策は女性にとって常識となっています。

ですが、日差しが強くなり暑くなってきたら対策を始め涼しくなったら終わりという方、いませんか。

実は紫外線対策は夏だけやっていればいいというものではありません。

春や秋の紫外線も油断はできませんし、また、雨や曇りの日でも常に紫外線は地上に降り注いでいます。

うっかりしていると春や秋、冬、雨や曇りの日の紫外線でも浴び続ければ日焼けしたり、シミやシワの原因になってしまいます。

そこで今回は徹底的に紫外線をブロックする方法をご紹介します。

まずは紫外線対策の定番、日焼け止めクリームについて。

日焼け止めクリームは正しく使えば紫外線対策に効果的ですが、日焼け止めクリームを正しく塗れている方は意外に少ないです。

日焼け止めクリームは少量を薄く伸ばす塗り方だと効果が弱いです。

ポイントはたっぷりとムラなく塗ること。

顔に塗る場合は五百円玉ほどの大きさを手に取り、ムラなく塗りましょう。

脚や腕は直接クリームを線状に出し、まんべんなく塗っていきましょう。

耳の裏や首筋、デコルテ、足の甲なども忘れずに。

日焼け止めクリームの使用感が苦手だという方はストールやアームカバー、長袖カーディガンなどで対応しましょう。

最近は薄手なのにUVカット効果が強かったり、涼しく感じる加工がなされた紫外線対策用品も多く販売されていますので夏でも快適に過ごせるはずです。

日焼け止めクリームを塗ることは非常に有効ですが、実は目から入ってくる紫外線も軽視できません。

日焼け止めクリームを塗っていても目から入ってきた紫外線が体に悪影響を及ぼす場合があるので、ここもしっかり対策しましょう。

具体的には、UVカット効果のあるサングラスが有効です。

また、UVカット加工のコンタクトや眼鏡でも効果的です。

UVカット効果のない眼鏡は、眼鏡屋さんで加工してもらうこともできます。

紫外線は美容に良くないだけでなく、皮膚がんなどの病気の原因にもなるので、きちんと対策することが大切です。

夏以外も油断せず、しっかり対策していきましょう。

 

 

乾燥肌のためのスキンケア方法

 

どんなに保湿をしてもカサカサで一向に乾燥肌が良くならないという方がいらっしゃいます。

これは、実は間違ったスキンケア方法をしている為なので基本となる洗顔~保水までの方法を改善するとかなり良くなります。

例えば、顔を洗う際にゴシゴシこすりすぎている方やスクラブ入りの洗顔料を使用している方、洗顔やクレンジングの回数の多い方は肌バリアを失い乾燥が慢性化している場合が多く、保水能力を低下させていくだけではなく炎症を起こしたりシミを作る事もありますので要注意です。

皮膚科の医師の中には指先が触れるだけで角質層に傷がつくと言われるほどなので弾力のある泡をクッション代わりにして指先が触れないように洗顔するのが大事です。

また、洗顔やクレンジングの回数が多い方は汚れやいらない皮脂以外にセラミドなどの細胞間脂質や天然の保湿成分まで洗い流してしまうので乾燥が悪化します。

ですから回数が多い方は朝だけ洗顔料を使用してしっかりと洗顔するようにし、夜はクリームタイプ、ローションタイプやミルクタイプのクレンジング剤でメイクを落とすと乾燥が緩和されます。

また、洗い流した後のタオルの使い方も大切で、タオルで擦らないように注意しながら顔を抑えるように水分を取り除きます。

これらの方法をとっても乾燥が酷い場合は洗顔料を石鹸素地の物や固形石鹸に変えてみるとか、しっかりとした泡を作るために洗顔ネットを使用するのも良いでしょう。

そして、次に大事なのは保湿成分をたっぷりと配合した美容液です。

美容液は、保水・保湿のための基本となり、蓄えた水分を逃さないように蓋の役割をするのが乳液やクリームなどの油分となりますので、出来れば美容液は洗顔で減ってしまった細胞間脂質を補うセラミド配合の物を使用すると良いでしょう。

そして美容液を手のひらで温め浸透しやすい状態にし顔に乗せ抑える様になじませます(ハンドプレス)。

特に乾燥しやすい場所は二度付けをして同じようになじませたりコットンを美容液で浸し気になる部分に3分ほど乗せるコットンパックもおすすめです。

ここまで出来たら最後にこすらないように乳液やクリームをなじませて完了です。

これだけで慢性乾燥肌がかなり改善されてきます。